日本語フルキーボード for Tablet with Mozc

とりあえず動作するレベルにはなっているが、まだまだ公開できるレベルにはなっていないので、スクリーンショットだけあげておく。

きょう」と入力して、「2013年4月1日」に変換できているので、Mozcの変換結果だと判別できると思う。

動作自体には全く問題ないが、問題なのは別の点にある。それはAPKサイズ。今までは、3MB弱であったものが、一気に21.3MBまでパワーアップ。
もともとMozcの辞書自体が15MB程度あり、ARM用・x86用・MIPS用のMozcライブラリを同梱したため、圧縮しても+18MBになってしまった。

21.3MBのサイズは、気軽にインストールできないので、別パッケージにしようと思う。
こう考えると、あの容量で日本語変換ができる、OpenWnnがすごいということが分かった。



コメント

このブログの人気の投稿

Javaでデュアルスタック環境のときIPv6通信させるには

ライフイズテックレッスンの効果的な使い方

正しくカスタムプロトコルのURLStreamHandlerを登録する